!-- Event snippet for click tracking -->

例文&単熟語デュアルメソッド

例文,単熟語デュアルメソッド

Vocabulary,例文,単熟語デュアルメソッドレッスンの流れ

1. シャドーイング(講師と一緒に読みます)
2. リピーティング(生徒様自身で読みます)
3. クローズユアアイズ(目を閉じるよう指示があります)
4. メモライゼーション(見ないで文を言います)

デュアルメソッドの最大の特徴

■質問を聞いて、テキストを見ずに答えを暗記するダイレクトメソッドの利点は、ほんとうに話せるようになる事が挙げられます。

例文と単語の暗記も大事
英語例文と単熟語の暗記も話すためには大事です。

★例えば長文読解でしたら問題に対する答えのサンプルアンサーがあり、1つ一つ全て英語で暗記していきます

★例文や単熟語でしたら単熟語の入れ替え言葉を1つの文に対して3~4個用意しており、英語で暗記していきますが、2ページ目(冊子の場合裏面)に日本語訳もついているので調べる手間なく意味をすぐに確認できます。

イートックが考えるダイレクトメソッド

ダイレクトメソッド(直接教授法)とは~英語の質問を英語で(なるべく定型文で文法正しく)答えていく。口頭での訓練を重視し、暗記するまでしつこく口の筋肉にまで定着させること。

英検は、日常会話重視のテスト

※英検は日常会話技能検定という名の通り、日常会話を重視しており、デュアルメソッドの英検長文読解や英作文のTOPICは、大人の英会話の学習にも大変効果があると思います。

英検は日常会話重視のテスト

実力と会話力が同時に短時間で身につく

■直接教授法(ダイレクトメソッド)で英検レベルにそった英会話を暗記しながら英検を取得すると、英検レベルの実力と会話力が同時に短時間で身に付きます。より深い理解と調べる時間を短縮する為に日本語訳を付けており、意味を目でみて確認しながら無理なく進められます。

英会話と勉強が同時に早く身に付く

遊びや会話だけのレッスンではなく英検合格も同時に目指す

■英語が話せる様になって欲しいけど、遊びや会話だけのレッスンではなく、しっかり英検も合格して欲しい。

そんな希望に対応できる教材があったらいいな、と思いデュアルメソッドを作成しました。この教材で留学経験のない高校生が英検1級合格しています。

デュアルメソッド作成のきっかけ

※この教材を作成したきっかけは、カランの英検バージョンがあったら子供に受けさせたいな、と思ったことです。

■日常会話にも使用できる様に、アメリカ英語を元に作っています。
日本人が、何年も英語を勉強しているのに、話せないのは単純な理由です。それは、会話によく使う文章を暗記していないからです。外国人が日本語を覚える事が早いのは、何度もなんども口に出して、生活に必要な例文をたくさん暗記する努力をするからです。日本にいる外国人は、毎日日本語を話す機会があるのも大きいと思います。

日本人は努力は出来ると思いますが、肝心の例文の暗記までせずに勉強を終えてしまいます。そこに差があるのだと思います。

レッスン教材のリンクとPDF

教材名とレッスンリンクをコピペして講師のスカイプに送って頂ければ、サポートに尋ねることなく教材をご利用いただけます。

※レッスンに使用する教材にはパスワードが必要です。体験お申し込み後にスカイプにてお知らします。

5級例文教材名:AA1. Eiken Dual Method Grade 5 Starter Lessons
Lesson1-2:https://www.flexenglish.net/teacher/materials/ED5-1/ED5-1%20Lesson1-2.pdf
Lesson3-4:https://www.flexenglish.net/teacher/materials/ED5-1/ED5-1%20Lesson3-4.pdf
Lesson5-6:https://www.flexenglish.net/teacher/materials/ED5-1/ED5-1%20Lesson5-6.pdf
Lesson7-8:https://www.flexenglish.net/teacher/materials/ED5-1/ED5-1%20Lesson7-8.pdf

5級熟語教材名:AA2. Eiken Dual Method Grade 5 Idiom Lessons
Lesson1-2:https://www.flexenglish.net/teacher/materials/ED5-2/1.ED5-2%20Lesson%201.pdf
Lesson3-4:https://www.flexenglish.net/teacher/materials/ED5-2/2.ED5-2%20Lesson%202.pdf


タイトルとURLをコピーしました